HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

耐酸性菌根菌を活用した強酸性法面緑化適用の可能性

Files in This Item:
田中ほか.pdf802.04 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/49881

Title: 耐酸性菌根菌を活用した強酸性法面緑化適用の可能性
Other Titles: Slope vegetation method using mycrorhizal fungi to appearance of effect by acid soil
Authors: 田中, 淳1 Browse this author
堀江, 直樹2 Browse this author
江澤, 辰広3 Browse this author →KAKEN DB
伴, 資英4 Browse this author
Authors(alt): TANAKA, Jun1
HORIE, Naoki2
EZAWA, TATSUHIRO3
BAN, Sukehide4
Keywords: 強酸性土壌
酸性硫酸塩土壌
VA菌根菌
AM菌
RF1株
軽量発泡コンクリート
Issue Date: 31-Aug-2010
Publisher: 日本緑化工学会
Journal Title: 日本緑化工学会誌
Journal Title(alt): Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology
Volume: 36
Issue: 1
Start Page: 119
End Page: 122
Abstract: 強酸性土壌(pH 2.7〜4.7)に生育する植物から分離した耐酸性菌根菌を使用した強酸性法面緑化工法の開発を目指し,実験を行った。pH 3.3〜4.0の強酸性土壌の上に,耐酸性菌根菌を入れたポットのメドハギの生育は,入れないものよりも良好であった。しかし,pH 1.8ではすべて枯死し,pH 2.5でも生育は不良となることから,適用できるpHには限界があることが示唆された。また,pH 2.5を下回る強酸性土壌に適用するため,強アルカリの中和資材と併用した場合でも,耐酸性VA菌根菌は,植物の酸性抵抗力を高める効果があることがわかった。以上のことから,耐酸性菌根菌は強酸性土壌の対策資材として有効であると考えられる。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/49881
Appears in Collections:農学院・農学研究院 (Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 江澤 辰広

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University