HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Theses >
博士 (水産学) >

海産生物に含まれる有用生化学資源に関する研究 : 特に海藻のα-グルコシダーゼ阻害性糖脂質について

Files in This Item:
000000292973.pdf103.37 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.11501/3108233

Title: 海産生物に含まれる有用生化学資源に関する研究 : 特に海藻のα-グルコシダーゼ阻害性糖脂質について
Authors: 栗原, 秀幸 Browse this author →KAKEN DB
Issue Date: 25-Dec-1995
Abstract: 本研究により以下のことを明らかにした。(1) 海産生物成分のα-グルコシダーゼ、β-グルコシダーゼおよびチロシナーゼの酵素阻害作用と抗菌性試験を視覚的に判定するために「寒天平板法」を確立し、これを利用して多くの海産生物成分について上記の酵素作用阻害活性および抗菌性を有することが確認できた。(2) 乾燥ヒジキからα-グルコシダーゼ阻害物質として1,2-ジアシル-3-(6-スルホ-α-D-キノボピラノシル)-sn-グリセロール(SQDG)および1-アシル-3-(6-スルホ-α-D-キノボピラノシル)-sn-グリセロール (SQMG)を単離し、化学構造の決定により同定した。さらに、SQDGの酵母α-グルコシダーゼ活性に対する阻害様式は拮抗阻害であり、阻害物質定数は2.9±0.3μMだった。さらに、SQMGとSQDGの酵母α-グルコシダーゼに対する阻害率の比較によりSQMGのほうが阻害性が強いことがわかった。(3) SQDGのα-グルコシダーゼ阻害性はDGDGによって抑制された。速度論的解析によると、この結果はDGDGが酵素に作用しているためではなく、SQDGと会合するためであることが明らかとなった。
Conffering University: 北海道大学
Degree Report Number: 乙第4879号
Degree Level: 博士
Degree Discipline: 水産学
Type: theses (doctoral)
URI: http://hdl.handle.net/2115/51297
Appears in Collections:学位論文 (Theses) > 博士 (水産学)

Submitter: 栗原 秀幸

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University