HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
応用倫理 >
第3号 >

気分明朗剤と快楽主義

Files in This Item:
03_satoh_oyorinri_no3.pdf1.09 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/ouyourin.3.45

Title: 気分明朗剤と快楽主義
Authors: 佐藤, 岳詩1 Browse this author
Authors(alt): Satoh, Takeshi1
Keywords: 気分明朗剤
快楽主義
功利主義
経験機械
エンハンスメント
Issue Date: Mar-2010
Publisher: 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
Journal Title: 応用倫理
Volume: 3
Start Page: 45
End Page: 62
Abstract: 本稿では気分明朗剤(mood-brighteners)の服用の是非とそれを通して快楽主義的功利主義の是非 について論じる。快楽主義とは快や幸福のみが善であると主張する道徳的な立場であり、経験機械 の議論をはじめ様々な批判にさらされながらも一定の支持を集めてきた。しかし近年開発された気 分明朗剤という薬がもたらす倫理的問題は、快楽主義に対して新たな疑義を呈しうるように思われ る。気分明朗剤とは簡単に言えば不安を緩和し気分を明るくする薬物であり、服用者の快につなが るものである。そのため気分明朗剤の使用は快楽主義的に見て肯定されるものである。しかし一方 で我々の間にはこの薬物に対する否定的な感情、道徳的な直観がある。この直観が妥当なものであ るならば、気分明朗剤の服用は否定されるべきであり、また気分明朗剤の服用を肯定する快楽主義 もまた否定されるべきということになるだろう。そこで本稿では主に気分明朗剤の服用を批判する 言説を検討し、それが妥当であるか否かを検討する。筆者の考えるところでは、L. カスらが呈示す る偽物と本物の区別、適切な感情などに基づく批判は誤りであり、気分明朗剤および功利主義に対 する決定的な批判とはならない。しかし苦痛とその受容が持つ価値にかかわる議論は快楽主義にとっ て直接的な疑義を投げかけうる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/51832
Appears in Collections:応用倫理 > 第3号

Export metadata:

 

Feedback - Hokkaido University