HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第33巻 第1号 >

アデノウイルス感染によるRNA結合タンパクHuRの制御

Files in This Item:
01-kuroshima.pdf1.31 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52154

Title: アデノウイルス感染によるRNA結合タンパクHuRの制御
Other Titles: Regulation of RNA binding protein HuR in adenovirus infected cells.
Authors: 黒嶋, 雄志1 Browse this author
Authors(alt): Kuroshima, Takeshi1
Keywords: Adenovirus
E1A
Stress granule
HuR
ARE-mRNA
Issue Date: Sep-2012
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 33
Issue: 1
Start Page: 3
End Page: 9
Abstract: ウイルスは自らの遺伝子産物によって宿主細胞の機能を制御し,自身の増殖に有利な環境をつくる.アデノウイルス感染後期では,大部分の宿主細胞のmRNAの核外輸送は停止し,ウイルス粒子の構成タンパクをコードする後期mRNAが優先的に核外輸送され翻訳される.しかしAU-rich element(ARE)を持つmRNAは,宿主のmRNAであるにも関わらず核外輸送され安定化される.RNA結合タンパクHuRは,AREに特異的に結合し,ARE-mRNAを安定化する.本研究では,未だ解明されていないアデノウイルス感染細胞でのHuRの挙動を明らかにし,その生物学的意義について考察した.HeLa細胞に5型アデノウイルス(Ad5)を感染させ,HuRの局在変化を免疫染色法とウエスタン法で検討した.その結果,Ad5感染細胞では細胞質のHuR量が増加し,HuRの核外輸送が示唆された.このHuRの変化をもたらすウイルスの原因遺伝子を解明するため,様々な変異型Ad5を感染させ,HuRの局在を検討した.その結果,E1Aを欠失した変異型Ad5(dl312)感染細胞ではHuRの局在変化は見られなかった.さらに,E1Aを強制発現させた細胞では,感染時と同様のHuRの局在変化が再現できた.従って,Ad5感染細胞のHuRの変化は,E1Aによってもたらされることが明らかになった.HuRは細胞質顆粒構造体のStress granules(SG)への局在が報告されているので,ウイルス感染時のSGを免疫染色法で検討した.その結果,通常ヒ素刺激下で出現するSGが,Ad5感染細胞では形成されないことがわかり,これにはE1AによるHuRの局在変化が必要なことも解明された.以上の結果は,アデノウイルスはE1A遺伝子産物を利用して,宿主細胞のHuRの核外輸送やSGの抑制をもたらし,自己の増殖を制御していることを示唆している.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/52154
Appears in Collections:第33巻 第1号

Submitter: 黒嶋 雄志

 

Feedback - Hokkaido University