HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第62巻第3号 >

セネガル農村の住民組織によるマイクロクレジット活動 : ワジュール郡の事例分析

Files in This Item:
ES_62(3)_139.pdf899.53 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52291

Title: セネガル農村の住民組織によるマイクロクレジット活動 : ワジュール郡の事例分析
Other Titles: Microcredit Activities by Community-based Organizations in Rural Senegal : A Case Study of Ouadiour Arrondissement
Authors: 池見, 真由1 Browse this author
Authors(alt): Ikemi, Mayu1
Keywords: マイクロクレジット
参加型開発
住民組織
アフリカ農村
セネガル
Issue Date: 21-Feb-2013
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 62
Issue: 3
Start Page: 139
End Page: 152
Abstract: 本稿では, セネガル国ファティック州ゴサス県ワジュール郡の女性住民組織とマイクロクレジット活動を事例に, アフリカ農村における住民主体の参加による組織活動の特徴, 及び地域での具体的な活動実態について明らかにし, 以上の分析結果を参加型開発という観点から考察することを目的とする。本稿の意義は, 2003年7月から2009年11月にかけて断続的に実施した長期参与観察を含む現地調査, 及び過去10年の記録に関する一次資料を基に, 住民組織活動の内容や特徴だけでなく, 取り組みの変容や住民組織間の相違, また, これらの変容や相違がもたらされる要因を, 長期的かつ動態的な視点から検証することにある。そして, 参加型開発及びマイクロクレジットに関する先行研究ではあまり強調されてこなかった, 「成功要因」と表裏一体の「犠牲」や「副作用」の存在認識の重要性を提示する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52291
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第62巻第3号

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University