HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Science / Faculty of Science >
北海道大学地球物理学研究報告 = Geophysical bulletin of Hokkaido University >
第76号 >

2011 年東北沖超巨大地震が明らかにした超巨大地震の多様性

Files in This Item:
02-04 P129-146 小山順二・都筑基博… 他.pdf5.05 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/gbhu.76.129

Title: 2011 年東北沖超巨大地震が明らかにした超巨大地震の多様性
Other Titles: Variability of megathrust earthquakes in the world revealed by the Tohoku-oki megathrust earthquake on 11 March, 2011
Authors: 小山, 順二1 Browse this author
都筑, 基博2 Browse this author
蓬田, 清3 Browse this author
吉澤, 和範4 Browse this author
Authors(alt): Koyama, Junji1
Tuzuki, Motohiro2
Yomogida, Kiyoshi3
Yoshizawa, Kazunori4
Issue Date: 19-Mar-2013
Publisher: 北海道大学大学院理学研究院
Journal Title: 北海道大学地球物理学研究報告
Journal Title(alt): Geophysical bulletin of Hokkaido University
Volume: 76
Start Page: 129
End Page: 146
Abstract: 2011 年3 月11 日マグニチュード9.0 の超巨大地震が東北地方太平洋沿岸をおそった.この地震は過去千年以上にわたる日本付近で発生したどの地震よりも大きな津波を励起し,地震動災害ばかりではなく歴史に残る甚大な津波災害を発生させた.従来,このような超巨大地震が日本付近で発生することは,地震学的に想定されてこなかった.我々は,この超巨大地震の発生を考えるうえで,今まで見過ごされてきた超巨大地震の発生場には二つの異なった特徴があることに気が付いた.それはAlong-dip Double Segmentation(ADDS)とAlong-strike Single Segmentation(ASSS)という異なった地震活動である.我々はこの考えに基づき,世界中で発生した超巨大地震を調べなおし,超巨大地震の発生場を,地震活動の特徴(ADDS/ASSS),地震メカニズム,破壊様式,沈み込み帯の形状,上盤プレートの性質や背弧海盆の活動といった性質から,明らかにする.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52306
Appears in Collections:北海道大学地球物理学研究報告 = Geophysical bulletin of Hokkaido University > 第76号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University