HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Science / Faculty of Science >
北海道大学地球物理学研究報告 = Geophysical bulletin of Hokkaido University >
第76号 >

海底地震観測からわかった2011 年東北地方太平洋沖地震の余震分布と応力変化

Files in This Item:
02-05 P147-158 村井 芳夫・東 龍介… 他.pdf1.12 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/gbhu.76.147

Title: 海底地震観測からわかった2011 年東北地方太平洋沖地震の余震分布と応力変化
Other Titles: Aftershock distribution of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake and stress regime changes revealed by ocean bottom seismographic observation
Authors: 村井, 芳夫1 Browse this author →KAKEN DB
東, 龍介2 Browse this author
篠原, 雅直3 Browse this author
町田, 祐弥4 Browse this author
山田, 知朗5 Browse this author
中東, 和夫6 Browse this author
真保, 敬7 Browse this author
望月, 公廣8 Browse this author
日野, 亮太9 Browse this author
伊藤, 喜宏10 Browse this author
佐藤, 利典11 Browse this author
塩原, 肇12 Browse this author
植平, 賢司13 Browse this author
八木原, 寛14 Browse this author
尾鼻, 浩一郎15 Browse this author
高橋, 成実16 Browse this author
小平, 秀一17 Browse this author
平田, 賢治18 Browse this author
対馬, 弘晃19 Browse this author
岩崎, 貴哉20 Browse this author
Authors(alt): Murai, Yoshio1
Azuma, Ryosuke2
Shinohara, Masanao3
Machida, Yuya4
Yamada, Tomoaki5
Nakahigashi, Kazuo6
Shinbo, Takashi7
Mochizuki, Kimihiro8
Hino, Ryota9
Ito, Yoshihiro10
Sato, Toshinori11
Shiobara, Hajime12
Uehira, Kenji13
Yakiwara, Hiroshi14
Obana, Koichiro15
Takahashi, Narumi16
Kodaira, Shuichi17
Hirata, Kenji18
Tsushima, Hiroaki19
Iwasaki, Takaya20
Issue Date: 19-Mar-2013
Publisher: 北海道大学大学院理学研究院
Journal Title: 北海道大学地球物理学研究報告
Journal Title(alt): Geophysical bulletin of Hokkaido University
Volume: 76
Start Page: 147
End Page: 158
Abstract: 2011年3月11日に,太平洋プレートと日本列島を乗せた陸側のプレートとの境界で2011年東北地方太平洋沖地震が発生した.この地震は,日本周辺では観測史上最大のマグニチュード9という巨大地震だった.本震発生後には多数の余震が発生するが,大地震発生のメカニズムを解明するためには,正確な余震分布を調べることが重要である.全国の6つの大学と海洋研究開発機構,気象庁気象研究所は,本震発生直後から共同で100台以上の海底地震計を用いて余震観測を行った.2011年6月中旬までのデータから,震源域全体で約3か月間の精度の良い震源分布が得られた.余震の震源の深さは,全体的に陸に近づくにつれて深くなっていた.震源分布からは,本震時に大きくすべったプレート境界では余震活動が低いことがわかった.上盤の陸側プレート内では余震活動が活発で,正断層型と横ずれ型が卓越していた.太平洋プレート内の余震も多くが正断層型か横ずれ型だった.このことから,日本海溝付近の太平洋プレート内の深部と上盤の陸側プレート内では,本震の発生によって応力場が圧縮場から伸張場に変化したことが示唆される.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52307
Appears in Collections:北海道大学地球物理学研究報告 = Geophysical bulletin of Hokkaido University > 第76号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University