HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第54巻第2号 >

核を持たない企業間連携のあり方

フルテキスト
ES_v54(2)_04.pdf1.73 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/5257

タイトル: 核を持たない企業間連携のあり方
その他のタイトル: Ideal Ways of the Coalition of Many Enterprises without a Hub
著者: 上木, 政美 著作を一覧する
発行日: 2004年 9月 9日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究
巻: 54
号: 2
開始ページ: 63
終了ページ: 80
記述: 中小企業に限らず大企業においても合併あるいは提携といった形で企業が結びつき競争力を高めようとする動きが活発である。企業間連携を考える場合、核になる企業が中心となって連携を形成するという一般的なイメージがあるが、核になる企業を持たない企業間連携(ハブレスカンパニー)という独創的な概念がある。この核になる企業を持たない企業間連携のあり方について理論と数値例を交えて検証する。テーマは「集積から発生する効果と企業の個性化」「情報の交換・共有」の2点である。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/5257
出現コレクション:第54巻第2号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学