HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第54巻第3号 >

ステイトとネイション (9) : 近代国民国家と世界経済の政治経済学

Files in This Item:
ES_v54(3)_01.pdf2.72 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/5266

Title: ステイトとネイション (9) : 近代国民国家と世界経済の政治経済学
Other Titles: State and Nation (9)
Authors: 佐々木, 隆生1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sasaki, Takao1
Issue Date: 9-Dec-2004
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 54
Issue: 3
Start Page: 1
End Page: 22
Description: ナショナリズムは自己完結しえないイデオロギーであるにもかかわらず、近代社会に支配的な力を及ぼしてきた.それは、人民の自由の実現という原基的特徴をもつが、人民の共同体としてネイションが観念されることから、個人の共同体への溶解、アイデンティティー・ポリティックス、反知性主義、排他性などを纏う傾向を有する.ステイトとしての国家と産業社会、さらにそれらを基礎とする国際関係は、このようなナショナリズムを構造的に再生産し、その中でアイデンティティー・ポリティックスが有効に作用する条件と環境が存在するときには戦争や殺戮が生じる.だが、近代の歴史的発展が内包する普遍性やネイションやエスニシティーを超えるシンボル体系の存在などは、アイデンティティー・ポリティックス抑制の可能性をもたらす.現代社会は常にコンドルセとヘルダーの、あるいは「歴史の終焉」と「文明の衝突」の間の混沌を本質的に内包する.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/5266
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第54巻第3号

Submitter: 佐々木 隆生

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University