HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第55巻第2号 >

小売業態開発のマネジメント : 店舗組織と多店舗組織におけるトレードオフ

Files in This Item:
ES_v55(2)_03.pdf1.42 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/5281

Title: 小売業態開発のマネジメント : 店舗組織と多店舗組織におけるトレードオフ
Other Titles: Trade-off in the Management of Retail Format Development
Authors: 坂川, 裕司1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sakagawa, Yuji1
Issue Date: 8-Sep-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 55
Issue: 2
Start Page: 27
End Page: 40
Description: 小売企業にとって業態開発の成否は、企業としての持続的な成長を左右する。にもかかわらず、この業態開発に関する研究蓄積はわずかである。とくに業態開発のマネジメントに関する問題については、十分な関心が払われてこなかった。本稿では製造企業による製品開発との比較を通じて、小売企業による業態開発のマネジメント問題を提示する。業態開発には(1)開発産出がサービスであり、(2)開発プロセスが市場に対してオープンであり、さらに(3)生産活動拠点は空間的に分散立地する店舗という3 つの特性がある。これらの特性によって業態開発マネジメントは、製品開発マネジメントと異なる様相を帯びる。小売業における規模優位性の戦略的価値を考えるならば、小売企業は業態開発で規模優位性を高めるように店舗組織のサービス生産活動をマネジメントしようとする。しかし店舗組織のサービス生産活動は市場取引を通じて改善されることで、その成果を高めざるを得ない。市場取引での競争条件が分散的に立地する店舗間で異なるとき、これら2 つの組織マネジメント間でトレードオフが発生する。小売企業の業態開発成果は、このトレードオフに対する取り組み成果によって決定づけられる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/5281
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第55巻第2号

Submitter: 坂川 裕司

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University