HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Environmental and Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

北海道における環境省「エコチル調査」に関する意識調査と広報活動の課題

Files in This Item:
2012北公衛誌エコチル調査意識調査.pdf1.17 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52816

Title: 北海道における環境省「エコチル調査」に関する意識調査と広報活動の課題
Authors: 荒木, 敦子 Browse this author →KAKEN DB
尾西, 奈江 Browse this author
中瀬, 督久 Browse this author
伊藤, 善也 Browse this author →KAKEN DB
西條, 泰明 Browse this author →KAKEN DB
池野, 多美子 Browse this author →KAKEN DB
安住, 薫 Browse this author →KAKEN DB
土川, 陽子 Browse this author
宮下, ちひろ Browse this author →KAKEN DB
伊藤, 佐智子 Browse this author →KAKEN DB
岸, 玲子 Browse this author →KAKEN DB
エコチル調査北海道ユニットセンター事務局 Browse this author
Keywords: エコチル調査
出生コーホート
環境
子ども
意識調査
Issue Date: 2012
Publisher: 北海道公衆衛生学会
Journal Title: 北海道公衆衛生学雑誌
Volume: 26
Issue: 2
Start Page: 125
End Page: 132
Abstract: 環境省「エコチル調査」は、環境、特に化学物質の健康への影響を明らかにする全国プロジェクトの出生前向きコーホート研究で、北海道では札幌、旭川、北見の3地区で調査を進めている。本報告はエコチル調査に対する北海道民の意識調査を実施し、今後の広報活動の課題について検討する。意識調査は、集中的に広報展開を行った前後の平成24年3月と4月の2回、北海道新聞情報研究所が実施した。対象はDoshinインターネットモニターに登録する各回850人の2つのパネルである。回収率は1回目79.8%、2回目79.6%。1回目の「エコチル調査」認知は14.4%だったが、2回目は31.9%に向上した。この間に実施した新聞をはじめとしたマスメディアへのPR広告の効果があったといえる。今後はエコチル調査を啓発しつつ、調査の進捗状況など得られた成果を開示していくことが、調査への関心を持続させるための課題といえる。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52816
Appears in Collections:環境健康科学研究教育センター (Center for Environmental and Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 荒木 敦子

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University