HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第63巻第1号 >

コワーキングの概念規定と理論的展望

Files in This Item:
ES_63(1)_115.pdf1.01 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52844

Title: コワーキングの概念規定と理論的展望
Other Titles: A Theoretical Study on Coworking
Authors: 宇田, 忠司 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: コワーキング
コワーカー
コワーキング・スペース
働き方
Issue Date: 11-Jun-2013
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 63
Issue: 1
Start Page: 115
End Page: 125
Abstract: 本稿の目的は,コワーキング (coworking) をめぐる議論の整理・検討を通じて,当該概念の規定を試みたうえで,理論的発展の方向性を提示することである。具体的には,まず,近年国内外で注目度が高まりつつあるコワーキングの実践的な展開を概観する。次いで,いまだ理論的考察がほとんどなされていないコワーキングとはどのような概念なのか,関連する既存の概念とどのように異なるのかについて,コワーカーという働く個人とコワーキング・スペースという働く場の二つの概念を用いて検討する。そのうえで,理論的発展に向けた課題として,働く個人や働く場に関する既存研究の系譜にコワーキングを位置づけ,精緻な理論枠組みの構築を図ることと,コワーキングという概念を援用しながら働き方やそれにまつわる実践の再定義を試みている対象に注目し,その実態とメカニズムを把握することを提示する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52844
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第63巻第1号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University