HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第55巻第3号 >

「割りかけ回収」制度と日本の防衛力整備 : 1950年−1985年

フルテキスト
ES_v55(3)_03.pdf2.67 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/5286

タイトル: 「割りかけ回収」制度と日本の防衛力整備 : 1950年−1985年
その他のタイトル: "Forward Expenditure System" and Japan's Defense Buildup : 1950-1985
著者: 瀬川, 高央 著作を一覧する
発行日: 2005年12月 8日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究
巻: 55
号: 3
開始ページ: 33
終了ページ: 54
記述: 防衛庁・自衛隊は創設から半世紀を経た。わが国は,軽軍備国家・経済大国路線を維持しているが,自衛隊の任務・役割は,冷戦後の日米安保再定義により大きな変更を迫られた。対テロ戦争以降,自衛隊は自国領域の「専守防衛」と極東の範囲を超え,インド洋での連合軍後方支援やイラク人道復興支援活動といった「海外派遣」を拡大している。自衛隊の活動が領域外に拡大してきた背景として,日本の防衛力整備の拡張が考えられるが, それは「割りかけ回収」と呼ばれる装備調達制度の存在なしには有り得ない。本稿では,「割りかけ回収」制度による防衛力整備の過程を検討し,同制度が効率的な防衛力整備を可能とするだけでなく,(1)財政民主主義上問題を内包し,(2)防衛費GNP1%枠を仮象化し,(3)防衛費の透明性の喪失をもたらしていることを明確にする。対象の時期については,日本の防衛力整備が開始された1950 年から,同制度の役割に画期が見られる1985 年までとする。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/5286
出現コレクション:第55巻第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学