HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第55巻第3号 >

<研究ノート> 取引数量制限が価格と社会的余剰に与える影響 : 理論と教室実験

Files in This Item:
ES_v55(3)_05.pdf951.27 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/5288

Title: <研究ノート> 取引数量制限が価格と社会的余剰に与える影響 : 理論と教室実験
Other Titles: The Effect of Quantity Restriction on Prices and Social Surplus in Bilateral Trading Experiments
Authors: 肥前, 洋一1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Hizen, Yoichi1
Issue Date: 8-Dec-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 55
Issue: 3
Start Page: 69
End Page: 80
Description: ある財を複数の売り手と買い手がそれぞれ複数単位取引したいとする市場を考える。この市場で実現される価格や社会的余剰を被験者実験により検証するとき,一度の取引で売買してよい数量を1 に制限することが多い。本稿では,相対取引市場の教室実験の結果を参照しながら,この取引数量制限が価格と社会的余剰に与える影響を分析する。理論的には,取引数量制限がある市場では,それがない市場や各人が1 単位だけ取引したい市場に比べて,より大きな社会的余剰が実現されやすく,また取引価格のばらつき方が時間の経過とともに小さくなりやすいことが示される。一方,教室実験では,2 単位取引したい市場(取引数量制限付き)のほうが1 単位だけ取引したい市場より社会的余剰は大きくなったが,取引価格のばらつき方は変わらないことが観察された。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/5288
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第55巻第3号

Submitter: 肥前 洋一

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University