HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
公共政策学教育部・公共政策学連携研究部  >
雑誌発表論文等  >

伪满洲国的广播政策

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Manchuria_kanntaizi.pdf304.17 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/537

タイトル: 伪满洲国的广播政策
著者: 川岛, 真 著作を一覧する
発行日: 2004年 9月
出版者: 川島真
引用: 近代中国東北部文化国際研討会
抄録: 伪满洲国与广播的关系被强烈地连结在一起。广播的「快速敏捷性」「广泛性」「越境性」等特性,每一个都实现了伪满洲国的理想-「多语言」「多样文化」「理想的扩大」。但是,相反地广播也创造出「边界」。那「边界」显现在电 波圈﹑人为控制的语言领导权﹑节目编排﹑等社会机能中。
記述: 近代中国東北部文化国際研討会(2004.9.13-15,長春)における報告原稿
資料タイプ: proceedings (author version)
URI: http://www.juris.hokudai.ac.jp/~shin/010/sympo/Manchuria_kanntaizi.html
http://hdl.handle.net/2115/537
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 川島 真

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学