HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

Renibacterium salmoninarum の表在抗原p57をELISA用抗原とした抗体検出

フルテキスト
article163.pdf889.72 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/54118

タイトル: Renibacterium salmoninarum の表在抗原p57をELISA用抗原とした抗体検出
その他のタイトル: Detection of specific antibodies against Renibacterium salmoninarum by ELISA with p57 protein as a capture antigen
著者: 松井, 崇憲 著作を一覧する
大迫, 典久 著作を一覧する
西澤, 豊彦 著作を一覧する
吉水, 守 著作を一覧する
キーワード: antibody-detection ELISA
Renibacterium salmoninarum
BKD
capture antigen
O. mykiss
O. masou
発行日: 2010年 6月15日
出版者: 日本魚病学会
誌名: 魚病研究
巻: 45
号: 2
開始ページ: 80
終了ページ: 83
出版社 DOI: 10.3147/jsfp.45.80
抄録: We evaluated p57 of Renibacterium salmoninarum (R.s.) as a capture antigen for specific antibody-detection ELISA against R.s.. Using formalin-killed R.s. (FK-R.s.) as ELISA antigens, ELISA values (OD492 (nm)) of the negative control sera showed high values ranging from 0.12 to 1.59. These values were relatively lower than those of sera from the fish immunized with FK-R.s. (0.16-2.6), but seemed to be still high as negative control sera. Contrarily, when p57 was used as a capture antigen, ELISA values of the negative control sera were all 0.1 or less, while those of the sera from immunized fish ranged from 0.02 to 1.28. It was thus demonstrated that high background of ELISA was enabled to be reduced by p57 as ELISA antigens.
R.s.表在抗原p57 のELISA用抗原への利用について検討した。ホルマリン死菌(FK-R.s.)固相化プレートでは,FK-R.s.およびPBS接種したサクラマスとニジマスの血清のELISA値は各々0.16~2.6と0.12~1.59で,FK-R.s.接種魚血清のELISA値はPBS接種魚血清に比べ高かったが,PBS接種魚血清の何れも0.1より高い値を示した。p57固相化プレートでは,FK-R.s.接種魚血清のELISA値は0.02~1.28であったが,PBS接種魚の血清は何れも0.1以下となった。p57をELISA抗原とすることで抗R.s.抗体の特異検出が可能になった。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/54118
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 吉水 守

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学