HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

Antibody detection against red sea bream iridovirus (RSIV) in yellowtail Seriola quinqueradiata using ELISA

フルテキスト
article164.pdf623.61 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/54120

タイトル: Antibody detection against red sea bream iridovirus (RSIV) in yellowtail Seriola quinqueradiata using ELISA
その他のタイトル: ELISA法による抗RSIVブリ抗体の検出
著者: Kwon, Se Ryun 著作を一覧する
Nishizawa, Toyohiko 著作を一覧する
Takami, Ikuo 著作を一覧する
Yoshimizu, Mamoru 著作を一覧する
キーワード: antibody detection
ELISA
red sea bream iridovirus
yellowtail
発行日: 2010年 6月15日
出版者: The Japanese Society of Fish Pathology
誌名: Fish Pathology
巻: 45
号: 2
開始ページ: 73
終了ページ: 76
出版社 DOI: 10.3147/jsfp.45.73
抄録: FBS components in viral culture fluid interfere with the detection of specific antibody in immunized fish. In the present study, we developed a method to eliminate the interference of FBS using a model of red sea bream iridovirus (RSIV) vaccine. In an experiment using yellowtail antiserum against BSA, which is a major component of FBS in cell culture media, antibodies against BSA were completely absorbed via incubation of antiserum in 50% FBS at 25 degrees C for 1 h. In antibody detection, ELISA with the sera of yellowtail surviving RSIV-challenge, antibodies against RSIV were detected, but those against FBS disappeared via the pre-treatment of the sera. Therefore, antibodies against RSIV are effectively detected using ELISA with the pre-treatment of fish sera.
RSIV培養液を接種したブリからの抗RSIV抗体検出ELISA法について検討した。培養液に含まれるFBSの主要成分であるBSAに対する抗ブリ血清を用いた場合、血清に終濃度50%(v/v)となるようFBSを添加し25℃で1時間処理することで、血清中の抗BSA抗体が完全に吸収された。培養RSIV液で攻撃した生残ブリから得た血清を同様に処理することで、抗体検出ELISAにより抗RSIV抗体が検出できることが明らかになった。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/54120
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 吉水 守

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学