HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク  >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2013  >

自分じゃ気づかない、寝ている間のいびきと歯ぎしり(Dangerous not to know the existence of your sleep bruxism and snoring) : [2]

自分じゃ気づかない、寝ている間のいびきと歯ぎしり(Dangerous not to know the existence of your sleep bruxism and snoring)

主催 : 北海道大学大学院歯学研究科

Organizer : Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University

睡眠中のいびきや歯ぎしりは、騒音等でまわりに迷惑をかけるばかりか歯が欠けたり顎の関節に問題を起こしたり、睡眠の質を悪くしたりと想像以上に生体に悪影響を及ぼしています。 さらには睡眠の質の低下が命を落としかねない事故などを誘発しているのも事実です。 今回はこの自分では気づかない睡眠中のいびきや歯ぎしりから起こりうる問題とスクリーニング方法、治療法について、市民の方から専門家までと一緒に、公開講座で勉強することを目的としています。

Teeth grinding and snoring not only bother people sleeping in the same room; they also cause dental damage, lead to jaw-joint problems, reduce quality of sleep and result in other surprising adverse impacts on the body. The resulting decline in sleep quality can even be a factor in fatal accidents. This public lecture will provide opportunities to learn about problems stemming from teeth grinding and snoring as well as related diagnosis and treatment. The organizers welcome all people ranging from members of the general public to experts in the field.

検索結果表示: 1 - 2 / 2
資料種別著者タイトル別タイトル掲載誌等発行日
lectureSvensson, PeterWhy do we need to care about bruxism ?--2013年 9月29日
lecture有馬, 太郎睡眠時無呼吸症候群について--2013年 9月29日
検索結果表示: 1 - 2 / 2

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学