HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
地域経済経営ネットワーク研究センター年報 = The Annals of Research Center for Economic and Business Networks >
第3号 >

オフィス空間のデザイン研究のレビュー : 知的創造性に着目したオフィス空間のデザインをめぐって

Files in This Item:
REBN3_087.pdf1.09 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/55214

Title: オフィス空間のデザイン研究のレビュー : 知的創造性に着目したオフィス空間のデザインをめぐって
Authors: 阿部, 智和 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: オフィス空間
デザイン
知的生産性
知識創造
コミュニケーション
Issue Date: Mar-2014
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科地域経済経営ネットワーク研究センター
Journal Title: 地域経済経営ネットワーク研究センター年報
Journal Title(alt): The Annals of Research Center for Economic and Business Networks
Volume: 3
Start Page: 87
End Page: 101
Abstract: 本論文の目的は,わが国で積み重ねられてきたオフィス空間のデザインに関する研究知見のうち,とりわけ2000年以降の研究の到達地点を明らかにすることにある。本論文で2000年以降の研究蓄積に注目を向ける理由は,経営学者たちもオフィス空間のデザインを重要視し始めたことにある。より具体的には,この時期を契機として,知的創造や知識創造を促すオフィス空間のデザインを志向した研究が創始されているのである。 1990年代までのオフィス空間内の快適性の向上を志向した研究とは異なり,建築学者や実務家たちだけではなく,一部の経営学者たちからもオフィス空間のデザインに対して注目が向け始められたのである。  本論文で明らかにする先行研究が辿り着いた研究知見は,以下の3点に集約することができる。より具体的には,①実務家や一部の経営学者たちによって知的生産性を向上させるオフィス空間のデザインへの注目が向けられ,実際にオフィス空間の設計が行なわれてきたこと,②建築学者を中心として知的生産性を計量的に把握する試みが積み重ねられ,定量的なデータにもとづいたオフィス空間のデザインが志向されてきたこと,③経営学者たちがコミュニケーションを鍵概念にして,オフィス空間のデザインについて考察を加えてきたこと,の3点である。最後にこれらの研究の貢献と残された問題を明らかにし,今後の研究課題を提示する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/55214
Appears in Collections:地域経済経営ネットワーク研究センター年報 = The Annals of Research Center for Economic and Business Networks > 第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University