HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Environmental and Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

子どもの発達に及ぼす社会経済環境の影響 : 内外の研究の動向と日本の課題

Files in This Item:
manuscript.pdf279.8 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/55271

Title: 子どもの発達に及ぼす社会経済環境の影響 : 内外の研究の動向と日本の課題
Authors: 喜多, 歳子 Browse this author →KAKEN DB
池野, 多美子 Browse this author →KAKEN DB
岸, 玲子 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 社会経済状態
子どもの発達
総説
Issue Date: 2013
Publisher: 北海道公衆衛生学会
Journal Title: 北海道公衆衛生学雑誌
Journal Title(alt): Hokkaido journal of public health
Volume: 27
Start Page: 33
End Page: 43
Abstract: 日本では、子どもの相対的貧困率が上昇しているが、就学前の子どもの発達に及ぼす影響は報告されていない。そこで、諸外国で行われた親の社会経済状態(socioeconomic status; SES)と子どもの発達に関する研究に基づき、今後の課題を探った。PubMedを利用し、主に先進国の原著論文の分析を行った。その結果、①SES指標に親の教育歴、所得、職業が多く用いられていた。②発達は、「発達の遅れ」と「問題行動」に大別して報告されていた。③SESと発達の指標は多様であったが、就学前であっても、SESが子どもの「発達の格差」や「問題行動」に影響していた。④その関連に、親の抑うつ、育児ストレス、不適切な養育態度、物的困窮、少ない育児資源などが複雑に関係していた。欧米の研究は、「関連の強さ」から、「効果的な介入」を求める方向に向かっている。本邦の研究課題は、①日本社会にふさわしいSES指標の発見。②親のSESと子どもの発達に関する調査、及び効果的な介入方法の検討である。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/55271
Appears in Collections:環境健康科学研究教育センター (Center for Environmental and Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 喜多 歳子

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University