HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Environmental and Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

北海道3地区における妊婦の喫煙の実態について : 環境省「子どもの環境と健康に関する全国調査(エコチル調査)」北海道ユニットセンター登録者のデータから

Files in This Item:
Araki_kitsuen.pdf275.79 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/55348

Title: 北海道3地区における妊婦の喫煙の実態について : 環境省「子どもの環境と健康に関する全国調査(エコチル調査)」北海道ユニットセンター登録者のデータから
Authors: 荒木, 敦子 Browse this author →KAKEN DB
西條, 泰明 Browse this author →KAKEN DB
伊藤, 善也 Browse this author →KAKEN DB
池野, 多美子 Browse this author →KAKEN DB
宮下, ちひろ Browse this author →KAKEN DB
伊藤, 佐智子 Browse this author →KAKEN DB
土川, 陽子 Browse this author
田村, 菜穂美 Browse this author
吉岡, 英治 Browse this author →KAKEN DB
川西, 康之 Browse this author
村林, 宏 Browse this author
岸, 玲子 Browse this author →KAKEN DB
エコチル調査北海道ユニットセンター事務局 Browse this author
Keywords: エコチル調査
北海道
妊婦
喫煙
喫煙開始年齢
Issue Date: 2013
Journal Title: 北海道公衆衛生学雑誌
Volume: 27
Issue: 2
Start Page: 105
End Page: 113
Abstract: 妊娠中の喫煙は,胎児の発育阻害など様々な悪影響がある.環境省「エコチル調査」北海道ユニットセンター登録の妊婦を対象に,喫煙実態を報告する.2011年1月の調査開始から,2013年7月までに妊娠中・後期調査票が登録された3901人の暫定データを集計した.平均年齢は30.9±4.8歳.喫煙経験者は1941人で,17.4%が16歳以下,25.4%が19歳以下で喫煙を開始していた.5.4%は妊娠後も喫煙を続け,15.1%は妊娠中に,30.0%は妊娠前に禁煙した.喫煙継続群は,妊娠中禁煙群,妊娠前禁煙群よりも喫煙開始年齢が早く,収入や学歴が低かった.喫煙継続群のパートナーの83.0%が喫煙していた.タバコは依存性があり家族の影響を受けやすい.家族やまわりの人々も含めて,受動喫煙を含む喫煙による胎児への影響に対する意識を高めていくこと,小児期から喫煙の害に関する組織的かつ継続的な啓発が必要である.
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/55348
Appears in Collections:環境健康科学研究教育センター (Center for Environmental and Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 荒木 敦子

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University