HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Institute of Low Temperature Science >
平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』 >
Proceedings >

現在の日本アルプスの平衡線高度について

Files in This Item:
7.fukui.pdf755.68 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/56264

Title: 現在の日本アルプスの平衡線高度について
Other Titles: A review of present ELA in Japanese Alps
Authors: 福井, 幸太郎1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Fukui, Kotaro1
Keywords: 氷河
平衡線高度
立山
剱岳
Glacier
Equilibrium line altitude
Mt. Tateyama
Mt. Tsurugi
Issue Date: May-2014
Publisher: 北海道大学低温科学研究所
Citation: 朝日克彦編, 平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』報告書. 北海道大学低温科学研究所, 2014, iii, 46p.
Journal Title: 平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』報告書
Start Page: 7
End Page: 8
Description: 平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』. 2013年6月17日-18日. 北海道大学低温科学研究所, 札幌市.
Conference Name: 平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』
Conference Place: 札幌
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/56264
Appears in Collections:平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』 > Proceedings

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University