HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

救急搬送時間の短縮効果による北海道における最適ドクターヘリ配備数の検討の試み : 地理情報システムを用いた救急搬送シミュレーション

Files in This Item:
日本航空医療学会雑誌_15(1)_7-13.pdf731.33 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/57044

Title: 救急搬送時間の短縮効果による北海道における最適ドクターヘリ配備数の検討の試み : 地理情報システムを用いた救急搬送シミュレーション
Other Titles: A Pilot Study to Investigate Appropriate Assignment of Helicopter Ambulances in Hokkaido, Japan : Emergency Medical Systems Simulation Using Geographic Information System
Authors: 敦澤, 貴啓1 Browse this author
寺下, 貴美2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Tsurusawa, Takahiro1
Terashita, Takayoshi2
Keywords: 救急搬送シミュレーション
emergency medical systems simulation
搬送時間
travel time
地理情報システム
geographic information system
Issue Date: 2014
Publisher: 日本航空医療学会
Journal Title: 日本航空医療学会雑誌
Volume: 15
Issue: 1
Start Page: 7
End Page: 13
Abstract: ドクターヘリは救急現場での迅速な初期治療と搬送時間の短縮が利点である。北海道では現在、3機が配備されている。ドクターヘリは高額な運用費を必要とし、効果的に導入を検討しなければならない。そこで北海道における最適なドクターヘリ配備数を検討するため、救急搬送のシミュレーションを行い、ドクターヘリを追加導入した場合の搬送時間の変化を比較した。搬送経路は消防署から救急現場、救急現場から一次救急病院を経て二次救急病院までとした。ドクターヘリ搬送はランデブーポイントへ移動し、そこから基地病院への搬送とした。地理情報システムを用いて、仮想の傷病者を地図に配置し、搬送時間を計算した。ドクターヘリの増加と共にヘリ搬送者数は増加し、搬送時間の短縮効果が認められたが、1搬送当たりの時間短縮効果は6機目以降、ほぼ一定になった。本研究では北海道において少なくとも6機のドクターヘリが最適であると考えられた。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/57044
Appears in Collections:保健科学院・保健科学研究院 (Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 寺下 貴美

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University