HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第55巻第4号 >

インフレーションと資本蓄積

Files in This Item:
ES_v55(4)_65.pdf421.85 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/5834

Title: インフレーションと資本蓄積
Other Titles: Inflation and Capital Accumulation
Authors: 工藤, 教孝1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): KUDOH, Noritaka1
Keywords: インフレーション
資本蓄積
経済成長モデル
貨幣
サーチ
Issue Date: 9-Mar-2006
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 55
Issue: 4
Start Page: 65
End Page: 77
Abstract: デフレ克服, すなわちインフレーションは本当に経済を活性化するのだろうか。本稿では貨幣供給速度増加によるインフレが資本蓄積と産出水準に対してどのような影響があるのかを理論的に分析する。分析の土台となるのは新古典派経済成長モデルで, そこに3つの方法で貨幣を導入してインフレと資本蓄積の関係を調べる。貨幣保有が家計の効用を高めると仮定したモデルはインフレと資本蓄積は中立となる。家計が消費のために貨幣を使う必要があると仮定したモデルでは中立またはインフレが資本蓄積を阻害する。貨幣が取引を円滑にする構造を持つモデルではインフレが資本蓄積を促進することが示される。つまり, 貨幣のモデル化次第で重要な政策的メッセージが全く異なってしまうのである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/5834
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第55巻第4号

Submitter: 工藤 教孝

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University