HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
看護総合科学研究会誌 = Journal of comprehensive nursing research >
Vol. 16 no. 1 >

化学療法を受ける肺がん患者の高額療養費制度利用に関する看護師の知識および認識の実態

Files in This Item:
kangosogou16(1)_23-29.pdf605.7 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/71176

Title: 化学療法を受ける肺がん患者の高額療養費制度利用に関する看護師の知識および認識の実態
Other Titles: The Knowledge and Perceptions of Nurses Regarding the Use of a High-cost Medical Care Benefit System by Patients with Lung Cancer Undergoing Chemotherapy
Authors: 菊池, 直子 Browse this author
矢野, 理香 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: high-cost medical care benefit system
lung cancer
nurse
knowledge
perception
高額療養費制度
肺がん
看護師の知識
認識
Issue Date: May-2015
Publisher: 看護総合科学研究会
Journal Title: 看護総合科学研究会誌
Journal Title(alt): Journal of Comprehensive Nursing Research
Volume: 16
Issue: 1
Start Page: 23
End Page: 29
Abstract: 目的:繰り返し化学療法を受ける肺がん患者の高額療養費制度などの公的制度利用に関する看護師の知識と認識の実態を明らかにする。方法:先駆的に肺がん治療をしている病院に勤務する看護師90名を対象に、質問紙調査を実施した。質問紙は、医療ソーシャルワーカー・事務部門に情報収集をした結果をもとに作成し、高額療養費制度に関する知識と看護師の認識に関する内容で構成した。結果:知識の認知度が最も高かったのは「医療ソーシャルワーカーの役割」「高額療養費制度」で、最も低かったのは「合算制度が年齢によって控除額が違うこと」「合算するときに自己負担限度額があること」などの高額療養費制度の詳細についてであった。その一方、看護師は、経済的負担について患者および家族へ確認し、援助につなげる必要性を認識していた。結論:看護師は、患者の経済的側面への援助の必要性は認識しているが、高額療養費制度の内容を十分理解しているとは言えない状況であることが明らかになった。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/60006
Appears in Collections:看護総合科学研究会誌 = Journal of comprehensive nursing research > Vol. 16 no. 1

Submitter: 矢野 理香

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University