HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第54巻第4号 >

新渡戸稲造の朝鮮(韓国)観

Files in This Item:
54(4)_p9-18.pdf804.11 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/6030

Title: 新渡戸稲造の朝鮮(韓国)観
Other Titles: NITOBE Inazo had been beholding which Way Korea should go to in the Modern World Politics
Authors: 田中, 愼一1 Browse this author
Authors(alt): TANAKA, Shin'ichi1
Issue Date: 10-Mar-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 54
Issue: 4
Start Page: 9
End Page: 18
Abstract: 近代日本の人傑をとらえ、これを論評するのは容易であるはずはないだろう。高尚偉大なる人物にして且つ文筆家であれば、その一代の文業に精通することが期待されるだけに、余計そうなるであろう。1984 年制定の五千円札以来にわかに族生の感ある新渡戸稲造研究家、その一員に達していない私としては、いわゆる群盲象を評す、にとどまることを危惧しつつ書いたのがこの小論である。焦点は新渡戸稲造の朝鮮(韓国)観、それが年代を経るなかでどのように推移していったのか、を追跡しようとした。しかも、関連する事柄で興味が湧いた際には、追求していく本来の大通りから、時には註をステップ台にして横町へ飛び込み、場合によってはさらに横町から左右の細い路地を覗き込みながらあわただしく出入りしたかのごとき叙述もしたのであった。文化的架橋者たらんことを使命にしていたとおぼしき新渡戸稲造は、その生きた多端な時代の運命をよく担っていた方なのではないか、というのが私の擱筆感の一つである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/6030
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第54巻第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University