HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第54巻第4号 >

<翻訳> マーティン・イエニッケ「環境フローのガバナンス : 国民国家を再生する必要」

Files in This Item:
54(4)_p93-107.pdf988.95 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/6035

Title: <翻訳> マーティン・イエニッケ「環境フローのガバナンス : 国民国家を再生する必要」
Other Titles: <TRANSLATION> Martin Jänicke, "Governing Environmental Flows : the Need to Reinvent the Nation State″
Authors: 吉田, 文和1 Browse this author →KAKEN DB
佐々木, 創2 Browse this author
行方, のな3 Browse this author
Authors(alt): YOSHIDA, Fumikazu1
SASAKI, So2
NAMEKATA, Nona3
Issue Date: 10-Mar-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 54
Issue: 4
Start Page: 93
End Page: 107
Abstract: まず、二つの基礎となる概念、すなわち環境国家(environmental state)と環境フロー(environmental flow)、について簡単に論ずることから始める。環境国家は、エネルギーから農業に渡るほとんど全ての政策を包含する。一方、環境フローを管理するためには(共同的な)統治という新たな概念が必要である。環境フローが通常地球規模の現象であるという事実は、経済と政治がグローバル化している時代において国民国家がまだ適切な役割を果たしうるのかという疑問を提起する。しかし、エコロジー的近代化が技術に基づいた政策によって追求されている限り、グローバルな状況においても国民国家は衰えることはない。しかしながら、環境統治には追加的な行政上・政治上の能力が必要である。私は、政府(すなわち共同的な解決が必要な場合の最終的な責任を明らかにすること)と国民国家の両方を、グローバルな舞台におけるもっとも有能な集合的アクターとして再生すことが必要であると結論する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/6035
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第54巻第4号

Submitter: 吉田 文和

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University