HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

ランダムフォレストを用いたサンマ来遊量の予測

Files in This Item:
MS_2014_08_05huscup.pdf921.4 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/60465

Title: ランダムフォレストを用いたサンマ来遊量の予測
Other Titles: Pacific saury fishing forecast by using random forests
Authors: 馬場, 真哉1 Browse this author
松石, 隆2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): BABA, SHINYA1
MATSUISHI, TAKASHI2
Keywords: 機械学習
漁況予測
サンマ
モンテカルロリサンプリング
ランダムフォレスト
Issue Date: 15-Jan-2015
Publisher: 日本水産学会
Journal Title: 日本水産学会誌
Volume: 81
Issue: 1
Start Page: 2
End Page: 9
Publisher DOI: 10.2331/suisan.81.2
Abstract: 本研究では,ランダムフォレストを用いたサンマ来遊量予測モデルを作成し,その予測精度をモンテカルロリサンプリングにより評価した。応答変数はサンマ来遊資源量指数を 3 カテゴリに分けたものである。説明変数は 1972-2011 年の海洋環境など 22 項目 186 種類を使用した。変数選択の結果,4 種の変数のみが説明変数として選ばれ,説明変数の圧縮が可能となった。予測の的中率はおよそ 62% となり,現状の予測精度をやや上回った。
Rights: © 2015 公益社団法人日本水産学会
© 2015 The Japanese Society of Fisheries Science
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/60465
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 松石 隆

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University