HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
応用倫理 >
第7号 >

少年犯罪報道と専門職倫理 : 成長発達権を手がかりとして

フルテキスト
no7_01tsukamoto.pdf833.33 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/ouyourin.7.3

タイトル: 少年犯罪報道と専門職倫理 : 成長発達権を手がかりとして
その他のタイトル: Juvenile Crime Reporting and Professional Ethics
著者: 塚本, 晴二朗 著作を一覧する
発行日: 2013年10月 1日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
誌名: 応用倫理
巻: 7
開始ページ: 3
終了ページ: 15
抄録: The ideal behind the Juvenile Law is the “nurturing of sound and healthy juveniles.” Following this ideal, Article 61 of the Juvenile Law forbids the reporting of “rulings that pertain to judgments concerning juvenile offenders in family court or crimes committed when the individual prosecuted is a juvenile.” However, starting from Article 21 of the Constitution which honors freedom of expression as central, Article 61 of the Juvenile Law becomes an ethical standard. Article 21 of the Constitution starts from the idea of respecting freedom of expression, granting autonomy to the press. In this article, I draw attention this. In this article, I argue that juvenile crime reporting is not only a legal but also an ethical issue. Firstly, I provide a brief overview on a logic which approves of such reporting that the juveniles who committed a crime can be guessed. Secondly, I consider “the rights to grow and develop for the juveniles” in the light of an anonymous reporting on a juvenile crime. This idea is based on ethics of rights, which I criticize in the rest of the article. Thirdly, I explore Clifford Christians's ethics of the “common good” in order to critically to examine the rights-based rationale of juvenile crime reporting. Lastly, I examine the interrelations of juvenile crime reporting, journalists as professionals, and professional ethics.
少年法の理念は、「少年の健全な育成」である。その理念に沿って、少年法61 条は「家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者」の推知報道を禁止している。しかし同規定は、罰則規定がともなわない倫理規定となっており、憲法21 条の表現の自由を尊重する趣旨から、同規定の遵守は報道機関の自主性に任せられている。本論はこの点に注目する。つまり少年犯罪報道に関する問題は、法解釈の問題ではなく、極めて倫理学的な問題と考える事はできないだろうか、という点である。そこで、本論では、まず少年犯罪を実名で報道する側の論理を確認し、次に少年犯罪の匿名報道の主張の中の「成長発達権」論を検討する。その後、「権利」を中心とした視点に批判的な、クリフォード・クリスチャンズの「共通善」の倫理学を概観し、彼の理論をもとに、少年犯罪報道の問題が、「権利」中心の問題であるのか、「共通善」中心の問題であるのかを明らかにする。そして最終的に、少年犯罪報道、ジャーナリスト、専門職倫理という三つの概念の関係を確認する。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/60913
出現コレクション:第7号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学