HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
理学院・理学研究院  >
北海道大学地球物理学研究報告 = Geophysical bulletin of Hokkaido University >
第79号 >

2015年に発生した阿寒湖付近の地震(MJMA 5.0)

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
GBHU_79_p1-.pdf2.27 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/gbhu.79.1

タイトル: 2015年に発生した阿寒湖付近の地震(MJMA 5.0)
その他のタイトル: Seismic activity of the 2015 near Lake Akan earthquake (MJMA5.0) in eastern Hokkaido
著者: 一柳, 昌義 著作を一覧する
高橋, 浩晃 著作を一覧する
山口, 照寛 著作を一覧する
岡田, 和見 著作を一覧する
大園, 真子 著作を一覧する
岡崎, 紀俊 著作を一覧する
発行日: 2016年 3月19日
出版者: 北海道大学大学院理学研究院
誌名: 北海道大学地球物理学研究報告
掲載誌等別名: Geophysical bulletin of Hokkaido University
巻: 79
開始ページ: 1
終了ページ: 8
抄録: An M5.0 shallow earthquake occurred on 4 June 2015 in the eastern Hokkaido. In order to evaluate aftershock activity, three temporal seismic stations had been operated in the focal region from 4 June 2015 to 22 August 2015. Hypocenters calculated with a local seismic velocity structure indicated clear southwestern-dipping distribution. This alignment on a plane was consistent with one of nodal plane of mainshock focal mechanism. This earthquake and historical records suggested higher seismic activity in this region.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/60914
出現コレクション:第79号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学