HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
応用倫理 >
第8号 >

技術者と一般人の信頼関係構築のために

Files in This Item:
8_01ohishi.pdf794.35 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/ouyourin.8.3

Title: 技術者と一般人の信頼関係構築のために
Other Titles: Toward Establishing the Relationship of Mutual Trust between Engineers and the Public
Authors: 大石, 敏広1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Ohishi, Toshihiro1
Issue Date: 31-Dec-2014
Publisher: 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
Journal Title: 応用倫理
Volume: 8
Start Page: 3
End Page: 18
Abstract: The purpose of this study is to make suggestions about the way to establish the relationship of mutual trust between engineers and the public from the aspect of safety and risk of technology. First, I argue that the four viewpoints on safety and risk of technology, namely each engineer, a group of engineers, engineers’ communication to the public, and interactive communication between engineers and the public, are mingled in arguments in engineering ethics. Second, I take up the disaster of the space shuttle Challenger, and argue that we should discuss five essential problems besides the well-known problem of a complicated organization. Third, I show that these essential problems are closely related to interactive communication and that interactive communication makes it possible for engineers and the public to establish the relationship of mutual trust. Fourth, I argue that there are two problems that we should solve to establish the relationship of mutual trust by interactive communication. One is that there is a deep-rooted tendency for engineers to regard science as objective and certain. The other is that there is a grave conflict between engineers and the public over risk assessment of technology. Fifth, I show three direct countermeasures and a countermeasure from the viewpoint of design thinking against these two problems.
本論文の目的は、科学技術の安全性・リスクという側面から、技術者と一般人の間の信頼関係をどのように構築していったらよいかという点について提言を行うことである。第一に、科学技術の安全性・リスクに関して、技術者個人の視点、技術者集団の視点、技術者が一般人といかに関わるかという視点、技術者と一般人の間の双方向的コミュニケーションの視点という四つの視点が、技術者倫理の議論に混在しているという点を指摘する。第二に、スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故の事例を取り上げ、従来から指摘されている複雑化した組織の問題のほかに本質的な五つの問題点があるということを論じる。第三に、これらの本質的な問題点は双方向的コミュニケーションと深く関連しているということ、双方向的コミュニケーションは、技術者と一般人の間の信頼関係の構築を可能にするということを指摘する。第四に、双方向的コミュニケーションによって信頼関係を構築していくうえでの二つの問題点について述べる。まず、技術者において、科学が客観的で確実なものであるという考えは根強いという問題である。次に、科学技術のリスク評価をめぐり専門家と一般人の間には深刻な対立があるという問題である。第五に、この二つの問題点に対して、三つの直接的な対応策と設計的思考の視点からの対応策を提示する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/61045
Appears in Collections:応用倫理 > 第8号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University