HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University >
第150号 >

漢字字体史の資料と方法 : 初唐の宮廷写経と日本の古辞書

フルテキスト
150_04_ikeda.pdf1.27 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/bgsl.150.l201

タイトル: 漢字字体史の資料と方法 : 初唐の宮廷写経と日本の古辞書
その他のタイトル: The Resources and Methods on Historical Study of Hanzi Glyphs Standards : Buddhist Scriptures Written at the Early Tang Imperial Court and Hanzi Dictionaries in Early Japan
著者: 池田, 証壽 著作を一覧する
キーワード: 漢字字体史
初唐宮廷写経
字様
『新撰字鏡』
『類聚名義抄』
発行日: 2016年12月15日
出版者: 北海道大学文学研究科
誌名: 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University
巻: 150
開始ページ: 201(左)
終了ページ: 236(左)
抄録: 初唐の宮廷写経25点の漢字字体を検討し,開成石経の顕著な規範性に 比して,相当の揺れがあることを報告し,開成石経の漢字字体と他の時代・ 地域の標準文献の漢字字体とを同列に扱うべきでないことを述べる。唐代字 様は,初唐標準から開成標準への移行を促したと見るべきであり,日本の古 辞書である『新撰字鏡』と『類聚名義抄』における唐代字様の受容状況を観 察し,漢字字体の年代性の相違が両者の字体記述の相違として反映している ことを指摘する。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/63893
出現コレクション:第150号

提供者: 池田 証寿

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学