HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
北方言語研究 = Northern Language Studies >
第7号 >

アイヌ語幌別方言の使役接尾辞について

フルテキスト
06_takahashi.pdf467.49 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/64513

タイトル: アイヌ語幌別方言の使役接尾辞について
その他のタイトル: Causative Suffix in the Horobetsu Dialect of Ainu
著者: 高橋, 靖以 著作を一覧する
発行日: 2017年 2月15日
出版者: 北海道大学文学研究科
誌名: 北方言語研究
巻: 7
開始ページ: 99
終了ページ: 106
抄録: This paper analyzes causative suffix in the Horobetsu dialect of Ainu. In the dialect, causative construction correlates with switch-reference. In the coordinate clause, causative construction may function as a different-subject marker. In the subordinate clause, causative construction may function as a same-subject marker.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/64513
出現コレクション:第7号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学