HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
観光学高等研究センター  >
雑誌発表論文等  >

地域ブランドを活用する : 北海道の魅力を生かすために

フルテキスト
hokuyobank126-1.pdf784.87 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/64659

タイトル: 地域ブランドを活用する : 北海道の魅力を生かすために
著者: 内田, 純一 著作を一覧する
発行日: 2006年12月
出版者: 北洋銀行調査部
誌名: 調査レポート
巻: 126
開始ページ: 11
終了ページ: 17
抄録: 最近、皆さんも「地域ブランド」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。主要新聞記事データベースで調べてみたところ、「地域ブランド」という言葉が取り上げられる頻度は、2005年を境に一気に倍増していることがわかりました。私自身も北大に赴任後の2002年から、地域ブランド創出を目指した産学官を交えた委員会に参加したり、地域ブランドをテーマとした講演活動も行ったりしていますが、ここ一年の間に、地域ブランドに関する世間の関心が急速に高まってきたことを実感しています。もちろん、その背景には2006年に「商標法の一部を改正する法律」が施行されて、地域の名称を商品名に冠した「地域団体商標」が認められやすくなったことも追い風になっているでしょう。しかし、地域の名前を冠しただけで、商品が売れるわけではないということは誰もが知っています。ところが、地域ブランド化に成功して、全国的なマーケットを築いた例も多いのです。だからこそ、潜在的なパワーを秘めた地域ブランドに熱い期待が注がれるのかもしれません。ここでは地域ブランドの活用の実際について整理し、北海道の魅力を生かして地域の企業・産業が発展していくための方法を考えていきたいと思います。
記述: 経営のアドバイス
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/64659
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 内田 純一

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学