HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
医学研究院・医学院  >
雑誌発表論文等  >

低線量撮影したX線CTの画質向上を達成するための画像処理フィルタ設計法

フルテキスト
innervision_14(8)_p62.pdf103.27 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/651

タイトル: 低線量撮影したX線CTの画質向上を達成するための画像処理フィルタ設計法
著者: 久保, 直樹 著作を一覧する
キーワード: X線CT
フィルタ
関数系
低線量撮影
発行日: 1999年 8月
出版者: インナービジョン
誌名: Innervision
巻: 14
号: 8
開始ページ: 62
抄録: 低線量撮影したX線CT画像の画質を改善する画像処理フィルタ設計法を開発した。また同じ目的を達成するために別の手法として,スムージングを施してもエッジを保存する新しい関数系を開発した。空間フィルタの特性はウィナーフィルタに類似した形とした。低線量撮影したCT画像を,本手法のフィルタを施すことでコントラストを保ちつつ,雑音を抑制できることができた。新しい関数系は,符号がオリジナルの三角関数と等しく,振幅が三角関数の平方根となっている。今回開発した関数系は,フーリエ変換よりエッジを保存してスムージングできることが確認できた。これにより低線量撮影した画像の雑音を抑えるためスムージングをしても質の高い画像を提供することができる。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/651
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 久保 直樹

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学