HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (文学) >

捜査面接における面接者のラポール構築方略と発問タイプが被面接者から得られる情報に与える効果 [論文内容及び審査の要旨]

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Shota_Yamamoto_review.pdf審査の要旨86.25 kBPDF見る/開く
Shota_Yamamoto_abstract.pdf論文内容の要旨119.11 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/65382
HUSCAP内関連資料

タイトル: 捜査面接における面接者のラポール構築方略と発問タイプが被面接者から得られる情報に与える効果 [論文内容及び審査の要旨]
著者: 山本, 渉太 著作を一覧する
発行日: 2017年 3月23日
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12521号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 文学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 仲 真紀子, 特任准教授 河原 純一郎, 准教授 大沼 進
学位審査の研究科等: 文学研究科(人間システム科学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral - abstract and summary of review)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65382
出現コレクション:文学研究科 (Graduate School of Letters)
博士 (文学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学