HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (農学) >

マウスゲノム多倍体化が個体発生およびエピジェネティック修飾に及ぼす影響 [論文内容及び審査の要旨]

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Wataru_Yamazaki_review.pdf審査の要旨105.59 kBPDF見る/開く
Wataru_Yamazaki_abstract.pdf論文内容の要旨160.61 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/65959
HUSCAP内関連資料

タイトル: マウスゲノム多倍体化が個体発生およびエピジェネティック修飾に及ぼす影響 [論文内容及び審査の要旨]
著者: 山﨑, 渉 著作を一覧する
発行日: 2017年 3月23日
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12710号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 農学
取得学位の審査委員: (主査) 准教授 川原 学, 教授 高橋 昌志, 教授 上田 宏一郎, 名誉教授 中村 富美男(北海道大学), 助教 唄 花子
学位審査の研究科等: 農学院(生物資源科学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral - abstract and summary of review)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65959
出現コレクション:農学院(Graduate School of Agriculture)
博士 (農学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学