HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (農学) >

The usefulness of the umbrella species concept to conserve biodiversity : tests using environmental-valuation and reproductive output of wetland raptors and songbirds [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Masayuki_Senzaki_review.pdf審査の要旨657.59 kBPDF見る/開く
Masayuki_Senzaki_abstract.pdf論文内容の要旨261.5 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/65998
HUSCAP内関連資料

タイトル: The usefulness of the umbrella species concept to conserve biodiversity : tests using environmental-valuation and reproductive output of wetland raptors and songbirds [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]
その他のタイトル: アンブレラ種を用いた生物多様性保全の有効性 : 湿地性鳥類と猛禽類の繁殖成功度および環境経済学的視点からの検証 [論文内容及び審査の要旨]
著者: 先崎, 理之 著作を一覧する
発行日: 2017年 3月23日
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12715号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 農学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 中村 太士, 教授 柿澤 宏昭, 准教授 庄子 康, 主任研究員 山浦 悠一(森林総合研究所)
学位審査の研究科等: 農学院(環境資源学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral - abstract and summary of review)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65998
出現コレクション:農学院(Graduate School of Agriculture)
博士 (農学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学