HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (医学) >

カルシニューリン阻害薬による腎毒性を呈するマウスモデルにおけるCD44陽性糸球体壁側上皮細胞の役割 [論文内容及び審査の要旨]

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Asako_Hayashi_review.pdf審査の要旨174.05 kBPDF見る/開く
Asako_Hayashi_abstract.pdf論文内容の要旨168.51 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/66092
HUSCAP内関連資料

タイトル: カルシニューリン阻害薬による腎毒性を呈するマウスモデルにおけるCD44陽性糸球体壁側上皮細胞の役割 [論文内容及び審査の要旨]
その他のタイトル: The role of CD44-positive glomerular parietal epithelial cells in the mouse model of calcineurin inhibitor-induced nephrotoxicity [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]
著者: 林, 麻子 著作を一覧する
発行日: 2017年 3月23日
記述: 配架番号:2310
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12569号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 医学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 岩永 敏彦, 教授 清水 伸一, 教授 水上 尚典, 教授 篠原 信雄
学位審査の研究科等: 医学研究科(医学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral - abstract and summary of review)
URI: http://hdl.handle.net/2115/66092
出現コレクション:医学研究院・医学院(Graduate School of Medicine)
博士 (医学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学