HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (歯学) >

圧縮力は培養後期における破骨細胞の分化・融合を抑制する

フルテキスト
Yuki_Miyakami.pdf637.73 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/doctoral.k12147
HUSCAP内関連資料

タイトル: 圧縮力は培養後期における破骨細胞の分化・融合を抑制する
著者: 宮上, 雄希 著作を一覧する
発行日: 2016年 3月24日
抄録: 歯科矯正力により歯牙には牽引側では伸展力が,圧迫側では圧縮力が作用する.我々は破骨細胞に直接圧縮力を加えた際の影響について報告しているが,破骨細胞に圧縮力を加えた後,長期的に培養した場合の動態については未だ報告がない.本研究では,破骨細胞に圧縮力を加え,長期的に培養して分化 誘導系に与える影響を検討した.RANKL 添加培養液を用いて RAW264.7 細胞 を 7 日間培養し,破骨細胞数の推移を観察した.培養 6 日目までは破骨細胞数は増加したが,それ以降は減少傾向を示した.次に培養 3 日目に圧縮力を破骨細胞に加え 24, 48 および 72 時間培養した.圧縮力を加えず培養したものを対照群,圧縮力を 24 時間加えた後それを解放して培養したものを解放群,圧縮力を加えたまま培養したものを圧縮群とした.培養 3 日目から 24 時間圧縮力を加えると,破骨細胞数は増加した.培養 5 日目の時点では解放群,圧縮群では対照 群と比較して増加した.しかし,解放群,圧縮群の間に有意差が認められなか ったことから,24 時間以上圧縮力を加えても破骨細胞の分化・融合を促進しな い可能性が示唆された.培養 6 日目の時点では,解放群,圧縮群では対照群と 比較して破骨細胞数が減少した.また培養 5 日目から 6 日目の間において対照 群では破骨細胞数が増加したが,他の群では減少した.これらの結果より,圧縮力は培養後期における破骨細胞の分化・融合を抑制する可能性が示唆された. 対照群と圧縮群の 破骨細胞関連遺伝 子である NFATc1, RANK, TRAP, DC-STAMP および OC-STAMP の mRNA 発現量を比較すると,培養 4 日目の 時点では有意差が認められなかったが,培養 5 日目の時点では圧縮群ではそれらすべての発現が有意に抑制されていた.以上より,圧縮力は培養後期におい て破骨細胞関連遺伝子の発現を抑制することで破骨細胞の分化・融合を抑制することが示唆された.
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12147号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 歯学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 飯田 順一郎, 教授 鈴木 邦明, 教授 土門 卓文, 准教授 吉村 善隆
学位審査の研究科等: 歯学研究科(口腔医学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral)
URI: http://hdl.handle.net/2115/67111
出現コレクション:歯学院(Graduate School of Dental Medicine)
博士 (歯学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学