HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

GISによる再配列した数値標高データを用いた河道次数解析に関する検討

フルテキスト
marutani1.pdf3.71 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67777

タイトル: GISによる再配列した数値標高データを用いた河道次数解析に関する検討
その他のタイトル: Applications of stream order analysis using resampled digital elevation model data on GIS
著者: 戎, 信宏 著作を一覧する
古川, 智広 著作を一覧する
丸谷, 知己 著作を一覧する
キーワード: 数値標高モデル(DEM)
地理情報システム
河道次数
土砂流出解析
発行日: 2002年 9月
出版者: 地理情報システム学会
誌名: GIS-理論と応用
巻: 10
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 8
出版社 DOI: 10.5638/thagis.10.2_1
抄録: The stream network analysis is used to quantify the geomorphological properties of the mountainous basin and examine the relationship between sediment delivery and geomorphological parameters in catchments. It was examined to analyze the stream network by using 50m-DEM data on GIS at a study area of Yudagiri River. The results are as follows. The channel network made from 12m-DEM which was resampled by 50m-DEM on GIS was the closest to that by manual operation. The relative error of stream order analysis indicated the value of 25.5% at the maximum. Moreover, the maximum relative error of DEM(C-DEM) made from the contour line in 1/25,000 maps is 11.5% smaller than that of the resampled 50m-DEM.
Relation (URI): https://www.jstage.jst.go.jp/article/thagis1993/10/2/10_2_1/_article/-char/ja/
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67777
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 丸谷 知己

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学