HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響

フルテキスト
86_358.pdf1.33 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67808

タイトル: 倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響
その他のタイトル: The Effect of Moss Height on Survival and Growth of Picea jezoensis Seedlings on Fallen Logs
著者: 飯島, 勇 著作を一覧する
渋谷, 正人 著作を一覧する
斎藤, 秀之 著作を一覧する
高橋, 邦秀 著作を一覧する
キーワード: エゾマツ実生
コケ
成長
倒木更新
発芽
germination
growth
moss
Picea jezoensis seedling
regeneration on fallen logs
発行日: 2004年
出版者: 日本森林学会
誌名: 日本林学会誌 = JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY
巻: 86
号: 4
開始ページ: 358
終了ページ: 364
出版社 DOI: 10.11519/jjfs1953.86.4_358
抄録: 抄録:倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響を明らかにするため、 コケがない倒木 (FLB)、 コケが低い倒木 (FLS)、 コケが高い倒木 (FLT) を対象に播種実験を行い、 エゾマツ実生の発芽率と生残率、形態ならびに根の分布、 各器官重を調査した。発芽率はFLTで有意に小さく、 生残率は倒木間で差がみられなかった。コケの高さや実生の生残・枯死によらず、 実生の主根の大部分は腐植層や材部に分布していた。当年生実生の個体重はFLT上で最も小さかったが、 FLT上の実生は他の倒木の実生より幹が長く、 幹へ多くの器官量配分を行っており、 高いコケによる被陰に対し形態および器官量配分による順応を行っていたと考えられた。1年生実生の個体重はFLSよりFLB上の実生が小さかった。FLB上の1年生実生の根長が有意に短く、 T/Rが高かったことから、 FLBでは1年生時の根の伸長が制限され、 個体の成長が抑制されたと考えられた。エゾマツの発芽および定着にはFLSが適していると考えられた。
Abstract:We surveyed the germination and survival rates, morphological characteristics, spatial pattern of root extension, and the mass distribution into each organ of current and 1-year-old Picea jezoensis seedlings growing on fallen logs with no moss (FLB), short moss (FLS), and tall moss (FLT) in a natural coniferous forest in central Hokkaido, northern Japan, in order to estimate the in FLUence of moss height on the establishment of P. jezoensis seedlings on fallen logs. The germination rate was significantly lower on FLT than on the others. The survival rate of seedlings did not differ among the logs. Almost all parts of the tap roots of living and dead seedlings were distributed in the humus and wood layers of the logs, irrespective of moss height. Seedlings on FLT had longer stems and greater stem masses than seedlings on the other logs, which indicated their morphologic and allometric acclimation to shading from the tall moss. The masses of individual current-year seedlings were lower on FLT than on the others. The masses of individual 1-year-old seedlings were lower on FLB than on FLS. The root extension of 1-year-old seedlings on FLB was inhibited and resulted in shorter roots and a higher T/R ratio. Consequently, the growth of 1-year-old seedlings on FLB was inhibited. Therefore, FLS is the most suitable for the establishment of P. jezoensis seedlings.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67808
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 澁谷 正人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学