HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

北海道駒ヶ岳における天然生カラマツ林の林分構造と成立過程

フルテキスト
81_22.pdf1.15 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67809

タイトル: 北海道駒ヶ岳における天然生カラマツ林の林分構造と成立過程
その他のタイトル: Stand structure and regeneration process of a natural Larix kaempferi stand on Mt.Komagatake,Hokkaido.
著者: 笹岡, 英二 著作を一覧する
矢島, 崇 著作を一覧する
渋谷, 正人 著作を一覧する
高橋, 邦秀 著作を一覧する
中村, 太士 著作を一覧する
清水, 収 著作を一覧する
キーワード: 火山
カラマツ
天然更新
林分構造
齢構造
age distribution
Larix kaempferi
natural regeneration
stand structure
volcano
発行日: 1999年
出版者: 日本森林学会
誌名: 日本林学会誌 = JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY
巻: 81
号: 1
開始ページ: 22
終了ページ: 28
出版社 DOI: 10.11519/jjfs1953.81.1_22
抄録: 抄録:北海道駒ヶ岳(1、133m)において、天然更新したカラマツ林の分布と標高別の林分構造および齢構造を明らかにし、林分の成立過程を検討した。カラマツ は広葉樹類が優占する山麓部を除き、標高200~400m以上の山体全体にわたって優占種であった。標高500m以上のカラマツ林は、上層高が 2.0~6.1m、幹の根元断面積合計は0.1~7.8m2/haと小さく、非常に未発達な林分であった。カラマツのほかには、カ ンバ類、ドロノキなどの先駆性広葉樹類が混生していた。立木密度や上層高、根元断面積合計値は標高にともなって減少する傾向があった。カラマツの侵入時期 には標高差は認められず、噴火後約20年以降の個体が現存していた。噴火後20~50年間に定着した個体数は少なかったが、20年生未満の個体数は著しく 多かった。カラマツの個体数の増加には、戦後造林された山麓の人工林からの種子散布と早期に天然更新したカラマツからの種子散布の関与が考えられた。
Abstract:We studied distribution, stand structure and transition of stand structure by altitude of a naturally regenerated Larix kaempferi stand on Mt. Komagatake, a volcano on the island of Hokkaido. L. kaempferi dominated at altitudes from 200 to 1, 000 m above sea level, although broadleaved trees dominated at the foot of the mountain. The stands on the mountain were composed of L. kaempferi, Betula spp., and Populus maximowiczii, and asortment of others. At 500 m a. s. l., the stand dominant height was 2.0 to 6.1 m and basal area at ground level was 0.1 to 7.8 m2/ ha. These values indicate that the stand had intensively restricted growth. The stands at higher altitudes were less developed than at lower altitudes in dominant height and basal area at ground level. The present L. kaempferi gradually started being established in the area between 500 to 700 m a. s. l. during 20 to 50 years after the eruption in 1929. Thereafter the number of the established L. kaempferi increased remarkably. We believed that seed dispersal from artificial forests of L. kaempferi that have been planted since 20 years after the eruption, and from the individuals that had invaded the stands in the very early period, contributed to the increase of naturally regenerated L. kaempferi trees.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67809
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 澁谷 正人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学