HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

チシマザサとクマイザサの稈高と地上部・地下部器官量の変化

フルテキスト
79_234.pdf845.34 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67810

タイトル: チシマザサとクマイザサの稈高と地上部・地下部器官量の変化
その他のタイトル: Changes in biomass of above- and under-ground parts in Sasa kurilensis and Sasa senanensis stands with culm height
著者: 矢島, 崇 著作を一覧する
渡辺, 訓男 著作を一覧する
渋谷, 正人 著作を一覧する
キーワード: ササ
地下部器官量
地上部器官量
above-ground part
bamboo grass
under-ground part
発行日: 1997年
出版者: 日本森林学会
誌名: 日本林学会誌 = JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY
巻: 79
号: 4
開始ページ: 234
終了ページ: 238
出版社 DOI: 10.11519/jjfs1953.79.4_234
抄録: 抄録:ササ群落の稈高が連続的に変化する場所において、稈基繁殖型であるチシマザサと地下茎繁殖型であるクマイザサを対象とし、稈枝•葉•地下茎•稈基などの器官量の稈高にともなう変化について明らかにした。また器官量間の関係を両種で比較して、稈高が制限されるような場所での両種の形態の可塑性を検討した。調査区の平均稈高はチシマザサでは59~261cmでクマイザサでは30~107cmであり、斜面上部ほど低かった。両種とも、稈高が制限されると稈枝と葉が小型化することによって地上部現存量が減少したが、稈密度や分枝特性、稈寿命、単位面積当りの葉枚数はあまり変化しなかった。クマイザサは稈高が低下してもC/F比とT/R比に大きな変化がなく、各器官がほぼ同じ比率で小型化していた。チシマザサは稈高の低下にともなって特に稈枝量の減少が大きく、C/F比が小さくなった。地下部では稈高の低下にともなって稈基量が減少したが地下茎は長くなり節数が増えて地下茎量は相対的に増加しT/R比が低下していた。稈高が制限されるような場所での両種の形態変化には明らかな差異が認められた。
Abstract:The biomass of above- and under-ground parts were studied in stands of bamboo grass, Sasa kurilensis and Sasa senanensis, with different stand heights to compare their plastic variation of mass allocation between organs depending on the culm height. The mean stand heights were 59261 cm in S. kurilensis plots, and 30107 cm in S. senanensis plots. Mean stand height reduced distinctly toward the upper part of hillside. The stand height of bamboo grass might be affected by stress such as high wind or thin snow. The above-ground biomass decreased, and culms, branches and leaves became smaller where mean culm height was limited. Whereas culm density, branching pattern, mean life span of culm and the number of leaves per m2 did not change as much in both species. S. senanensis showed small changes in the C/F ratio and T/R ratio with culm height, and its mass allocation between organs was rather stable irrespective of culm height. S. kurilensis showed obvious changes in organ allocation with a reduction of culm height. In S. kurilensis, the mass of culm and branch decreased significantly and rhizome mass increased relatively in under-ground parts because the culm base mass had reduced with decreased culm height.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67810
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 澁谷 正人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学