HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

ヒノキアスナロ稚樹の側枝の枝条展開パタンの変化と葉量分布

フルテキスト
78_457(1).pdf591.63 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67812

タイトル: ヒノキアスナロ稚樹の側枝の枝条展開パタンの変化と葉量分布
その他のタイトル: Formational change of lateral branch leaders and skewed foliage mass distribution in lateral branches observed in Thujopusis dolabrata var. hondae saplings
著者: 内海, 洋太 著作を一覧する
渋谷, 正人 著作を一覧する
矢島, 崇 著作を一覧する
キーワード: 枝条展開パタン
側枝サイズ
ヒノキアスナロ
伏条
葉量分布
branch length
foliage mass distribution
formational change
layering
Thujopusis dolabrata var. hondae
発行日: 1996年
出版者: 日本森林学会
誌名: 日本林学会誌 = JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY
巻: 78
号: 4
開始ページ: 457
終了ページ: 460
出版社 DOI: 10.11519/jjfs1953.78.4_457
抄録: 抄録:ヒノキアスナロの稚樹や伏条枝で頻度高く観察される側枝の先端部における枝条展開パタンの変化(芯形成)について、芯を形成する側枝のサイズ、芯形成の頻度、および側枝内における同化器官、非同化器官量の分布の特徴について検討し、芯形成の意味について考察した。調査した全側枝のうち29%で芯形成が生じていた。芯形成は、枝長が長くC/F比が高い低位置の側枝で多くみられた。また上位の側枝の葉量の多い箇所よりさらに樹冠の外側で芯形成が生じ、芯を形成した側枝では、葉量は芯から枝先端部分に集中し偏った分布をする傾向が認められた。これらのことから、芯形成は葉量を確保するという働きがあり、低照度下において個体あるいは側枝の生残に大きな役割を果たしているのではないかと推察された。さらに観察した伏条枝のうち95%で芯形成がみられたが、これは芯形成が着生位置の低い長い枝で生じることが多いためであると考えられた。
Abstract:Branch length distribution, frequency of formational change in lateral branches, and foliage mass distribution in individual branches were examined for Thujopusis dolabrata var. hondae saplings to examine the ecological causes of the formational change in branches. Formational changes were observed in 29% of all lateral branches studied, and were more frequent in branches ramified at lower height. Lateral branches showing formational change were characterized by their longer length and high C/F ratio compared with branches with no formational changes. Foliage mass on branches having formational change showed a skewed distribution and were concentrated in peripheral shoots extending from the outer crown of the formational change. We hypothesize that the formational change provided the sufficient foliage mass for the survival of saplings and lateral branches in extremely low light. Most of the observed layerings (95%) showed formational change. However, this tendency is probably to be attributable to the fact that branches with formational changes tend to be longer and ramify at lower heights than those with no formational changes.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67812
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 澁谷 正人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学