HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

変動環境下における冷温帯樹木の根系の発達と成長

フルテキスト
2002_RootResearch11(4)_161-1.pdf2 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67845

タイトル: 変動環境下における冷温帯樹木の根系の発達と成長
著者: 小池, 孝良 著作を一覧する
香山, 雅純 著作を一覧する
北尾, 光俊 著作を一覧する
キーワード: 冷温帯樹木
酸性硫酸塩土壌
蛇紋岩土壌
外生菌根菌
高CO2
発行日: 2002年
出版者: 根研究学会
誌名: 根の研究
巻: 11
号: 4
開始ページ: 161
終了ページ: 169
出版社 DOI: 10.3117/rootres.11.161
抄録: 抄録:各種環境条件による冷温帯構成樹種の成長の仕方には樹種固有の反応があり, 特に共生菌類の活動に成長が左右される樹種では, 根圏の栄養塩類の存在形態や地上部のCO2濃度にも大きな影響を受けることが解明された. 北海道に広く分布する蛇紋岩土壌のように貧栄養でニッケルなど有害元素を含む特殊士壌でのアカエゾマツの根の成長には, 外生菌根菌の活動が不可欠であることが示唆された. マンガン過剰障害は, 野生植物ではあまり問題視されてこなかったが, 生態系修復や陸域のCO2固定機能向上のための緑化を進める基礎資料として主要な落葉広葉樹5種のマンガン耐性を調べたところ, シラカンバ類は高い耐性能力をもつことを実験的にも確認できた. この耐性樹種を用いて荒廃地の造林に貢献できると考えられる. さらに, 個体サイズの発達に合わせて栄養塩を指数関数的に与える方が, カラマツ類の根の成長を促したが, 施肥量を増やすとかえって低下した. 共生する微生物 (Frankia) では, 寄主であるケヤマハンノキを高CO2で生育させると栄養塩を制限したときには, 施肥処理個体と変わらない成長が見られ, 根粒の発達も著しかった. 将来の温暖化環境では共生微生物の生態系における役割が重要になると考えられる.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67845
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 小池 孝良

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学