HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク  >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2017 >
環境と健康に関する市民講演会 「これまでの成果と今後の展望 ~WHO研究協力センターとしての役割~」 >

Activities of WHO Collaborating Centre for ZoonosesControl

フルテキスト
kida.pdf2.73 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67895

タイトル: Activities of WHO Collaborating Centre for ZoonosesControl
その他のタイトル: 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターのWHOCCとしての活動
著者: Kida, Hiroshi 著作を一覧する
発行日: 2017年11月20日
出版者: 北海道大学環境健康科学研究教育センター
引用: 北海道大学環境健康科学研究教育センター主催 WHO環境化学物質による健康障害の予防に関する研究協力センター指定2周年記念 環境と健康に関する市民講演会 「これまでの成果と今後の展望~WHO研究協力センターとしての役割~」 2017年11月20日(月)開催 (北海道大学遠友学舎談話ラウンジ)
抄録: Inactivated whole virus particle vaccines (WPV) inducedmuch higher adaptive immune responses than split vaccines (SV) in mice and monkeys. / WPV conferred protective immunity from homologous influenza virus challenge in mice. / WPV induced much greater cytokine responses 3-6 hours after vaccination than SV in mice. / WPV enhanced surface expression of CD86 on DCs.
資料タイプ: lecture
URI: http://hdl.handle.net/2115/67895
出現コレクション:環境と健康に関する市民講演会 「これまでの成果と今後の展望 ~WHO研究協力センターとしての役割~」

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学