HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第67巻第2号 >

二方向の固定効果を持つパネルデータ標本選別モデルにおける二段階推定量のバイアス修正

Files in This Item:
3ES_67(2)_005.pdf2.8 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/68051

Title: 二方向の固定効果を持つパネルデータ標本選別モデルにおける二段階推定量のバイアス修正
Other Titles: A Bias Correction Method of Two-step Estimator for Panel Data Sample Selection Model with Two-way Fixed Effects
Authors: 高木, 真吾1 Browse this author
高良, 佑樹2 Browse this author
Authors(alt): Takagi, Shingo1
Takara, Yuki2
Keywords: パネルデータ
バイアス修正
標本選別モデル
漸近展開
モンテカルロ実験
Issue Date: 19-Dec-2017
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 67
Issue: 2
Start Page: 5
End Page: 15
Abstract: 本稿では,パネルデータを用いて,二方向の固定効果をもつ二段階推定法を用いた推定量のバイアス修正,特に標本選別モデルの推定を行う際のバイアス修正について議論する。横断面方向と時系列方向の標本サイズが同程度に増加する漸近理論を考える際に生じる,推定量の漸近分布における無視できない平均バイアスを修正する方法を提示する。また,その有限標本での特性を,モンテカルロ実験を通じて確認する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/68051
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第67巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University