HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第67巻第2号 >

地方創生論にみる「まち,ひと,しごと」

Files in This Item:
5ES_67(2)_029.pdf2.14 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/68054

Title: 地方創生論にみる「まち,ひと,しごと」
Other Titles: Regional Empowerment for Japan's Growth Creating a Virtuous Cycle between Communities, People, and Work
Authors: 濱田, 康行1 Browse this author →KAKEN DB
金子, 勇2 Browse this author
Authors(alt): Hamada, Yasuyuki1
Kaneko, Isamu2
Keywords: コミュニティ
社会資源
イノベーション
地方消滅
中小企業
Issue Date: 19-Dec-2017
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 67
Issue: 2
Start Page: 29
End Page: 97
Abstract: 「地方創生」が巨額な予算と3年という時間を使ったにもかかわらず,あまり成果がないのはなぜか。どうすればよいのか。本稿はこの疑問に答えるべく,「まち・ひと・しごと」を社会学と経済学で分業し,かつ融合して「地方創生」の今後の方向性を探ろうとする。これまでの「地方創生」に欠けていたものは二つある。ひとつは理論である。それは様々な事例の観察から抽象されたものであり,金子がDLR理論(Dは方向性,Lは住民の力量,Rは社会資本)として提示している。もうひとつは主体論である。役所にまかせればよい,補助金をアテにしてやればよい,ではなく,地方に現存する様々な組織(アソシエーション)が参加し連携する。その前提としての各組織の位置確認,つまり社会構造のどこにあるかを濱田が図を用いて示している。そして「地方創生」の持続性の確保には地元中小企業の参加が必要で,そのことで運動自体が企業家・ビジネス化することが望ましいと結論する。本稿は「言うは易く,行うは難し」の学際研究であるが,国策としての「地方創生」を念頭に二つの学術的成果を「まち・ひと・しごと」研究に活用した試みの第一歩である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/68054
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第67巻第2号

Submitter: 濱田 康行

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University