HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

木質ハイブリッド構造の設計技術の開発 その4 木ダボによるスギ大断面円柱材の縦継ぎ

Files in This Item:
2003.pdf201.56 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/68068

Title: 木質ハイブリッド構造の設計技術の開発 その4 木ダボによるスギ大断面円柱材の縦継ぎ
Other Titles: Development of a design method for a hybrid timber structure Part4 End joint with glued-in hardwood dowels in column timber construction
Authors: 藤田, 誠1 Browse this author
小泉, 章夫2 Browse this author →KAKEN DB
飯島, 康男3 Browse this author
播, 繁4 Browse this author
樋口, 聡5 Browse this author
原田, 浩司6 Browse this author
Authors(alt): Fujita, Makoto1
Koizumi, Akio2
Iijima, Yasuo3
Van, Shigeru4
Higuchi, Satoshi5
Harada, Koji6
Keywords: スギ集成材
スギ円柱材
木ダボ接合
含水率傾斜
引抜荷重
Issue Date: Sep-2003
Publisher: 日本建築学会
Journal Title: 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造
Volume: 2003
Start Page: 267
End Page: 268
Abstract: 愛媛県武道館の構造材料には愛媛県産スギによる集成材とともに、樹齢数百年のスギ原木を円柱加工したスギ円柱材(径620㎜)が使用されている。このスギ円柱材の長さは約5~13m、末口径800㎜以上の原木を八角形に製材、熱気乾燥後、円柱に加工され、最長約29mまで木ダボにより縦継ぎされている。これらスギ大断面円柱材の材内には、乾燥工程で生じる含水率傾斜の存在が危惧される。そのため、木ダボの引抜性能に及ぼす被着材の含水率の影響を実験的に検討するとともに、木ダボにより縦継ぎされたスギ円柱材の曲げ性能を評価した。
Rights: rights:日本建築学会、本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製した物である。
https://www.aij.or.jp/
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/68068
Appears in Collections:農学院・農学研究院 (Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 小泉 章夫

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University